本人確認方法

ネッテラー Neteller


ネッテラーにログインします。
以下のように、いきなり凍結と表示されますが、あわてる必要はありません。
「本人確認が必要です」をクリックして解除します。



まず「セキュリティの質問」を設定します。

セキュリティの質問

これはネッテラーへの問い合わせなどの際に必要となります。
自分で覚えやすい質問を選択して回答を入力します(回答は半角英数で入力します)。
ご面倒ですが3つすべて入力し、忘れないように内容を控えておいてください。



「2段階認証」とは、ネッテラーで取引するたびに異なる認証コードがスマートフォンに送られてくるシステムで、
この認証コードを入力しないと取引ができなくなります。
セキュリティを高めたい場合は設定してください(利便性は下がります)。

続いて本人確認書類をアップロードします。
日本で認められるのは、
運転免許証、パスポート、顔写真付き住基カード(政府発行のIDカード)のうちいずれかひとつです。
上記の画像を用意し、書類のタイプと番号を入力して「続行」します。

※住基カードには番号がありませんので、
住基カードの画像をアップロードされる場合は、ID番号のところにnoneと入力してください。



身分証の種類をもう一度選択します。



「既存の画像をアップロード」をクリックして、画像を選択してアップロードします。



本人確認には2~5営業日要する場合があります。
この手続きが完了しましたらネッテラーで入出金が可能になります。

報酬ポイントプログラム

ネッテラーには報酬ポイントプログラムというものがあります。
これは、入金や送金を行うたびに、1ドル(口座が他の通貨の場合は1ドル相当額) につき1ポイントを獲得できるというもので、
ポイントが貯まるとキャッシュバックなどが受けられます。
手続きはすぐに完了しますので、口座を開設したら参加しておきましょう。

左側のメニューから「報酬」をクリックし、「NETELLER 報酬ポイント」を開きます。
次に「報酬ポイント」をクリックします。



以下の画面になります。この画面は日本語化されていません。
「I Accept」をクリックすると、規約に同意して参加となります。



手続きはこれだけです。
以降、ネッテラーで入金や送金を行うたびにポイントが貯まっていきます。

以下はキャッシュバックの例です。
電化製品などの商品と交換もできるのですが、海外からの配送となるためおすすめはしません。
キャッシュと交換であれば、それはネッテラーの口座に入金されることになります。

ネッテラーのセキュリティ

ログイン時に以下のように表示される場合があります。
この場合は指示にしたがって、
セキュリティの回答か、お手元のネッテラーカードの番号を入力してください。



セキュリティの回答の例。



またネッテラーの「6桁のセキュアID」は
1年に1回程度、強制的に変更される場合があります。



ログイン時にこのような表示がされた場合は、忘れずにメモしてください。

次は
 入金方法を説明します。

ネッテラーで入出金ができる日本語対応サイト

ブックメーカーならピナクルスポーツ



優良サイトとして知られるピナクルスポーツでは、
日本のプロ野球や日本のサッカーにも賭けることができ、
スポーツをより楽しめるブックメーカーです。

ブックメーカーの比較、検討はこちらから。

海外FXならXM


日本ではFXのレバレッジは25倍までに制限されていますが、
海外のFX業者では、100倍以上のレバレッジで取引ができます。
FXだけでなく、日経平均、米国ダウ、金、原油などもCFDでトレード可能です。

海外FXの比較、検討はこちらから。

オンラインカジノならウィリアムヒルカジノ



イギリスの老舗ブランド「ウィリアムヒル」のカジノ。
ディーラーの生中継動画とともに賭けができるライブカジノもあります。
高額賞金を獲得している日本人プレイヤーが多いことでも有名です。

オンラインカジノの比較、検討はこちらから。

このページの先頭へ